nagameの子育て日記

田舎暮らしの子育て日記です。2015年7月、42歳で高齢初産しました。

初めての運動会

行事目白押しでブログが追いつきません汗

 

 

先週水曜日に幼稚園の運動会が行われました。

年少さんから上のクラスの本運動会は土曜日に行われ、0,1,2歳の小さい組さんの運動会とは分けられていて別日の水曜という日程。

ヒルちゃんはまだ小さい組さんです。

 

幼稚園ではここ1ヶ月以上ずっと運動会の練習をしているようで、とても楽しみにしていたのに、1週間ほど前からちょっと風邪っぽくて咳も出て心配していました。

それが直前の月曜になって熱が出てしまってハラハラ。

 

火曜に念のため幼稚園を休んで自宅で1日安静にしていたら見事回復しました。

本当によかった~。

 

 

午前で終わるのでお弁当もなしで、オットも午前休だけ取って見に行けました。

0,1,2歳だけだと人数もさほど多くないので席取り等もゆったりしていて、天気も最高で運動会日和!

 f:id:nagameikuji:20181022015309j:plain

入場行進でこちらを見つけてニヤリ。

まだまだ体操服がブカブカです。笑

 

 

出るのは、かけっこ、YMCAのダンス(ヒデキ追悼かな?笑)、保護者も参加のリトミック、老人ホームの方も一緒に参加の玉入れ、障害物競走。

と、2時間の間に種目モリモリ。

 

 

特にYMCAのダンスは家でも何度も歌いながらノリノリで練習していたのでこちらも楽しみでした。

今流行りのUSAで入退場。

f:id:nagameikuji:20181022012454j:plain

ど派手な衣装がかわいかったです。笑

 

 

かけっこは4人中3位。練習でもいつも3位だそうで、ちゃんと練習どおり。笑

f:id:nagameikuji:20181022012534j:plain

それよりも名前を呼ばれて、手を上げて大きな声で返事が出来たことにびっくり。

これが家では見せない顔ってやつ?

 

 

玉入れは園児が車椅子のお年寄りに玉を渡して、お年寄りが玉を投げ入れるという共同作業。

f:id:nagameikuji:20181022012946j:plain

 

 

 

最後の障害物競走。

これもいつも3位なのだそうですが、ここでちょっとしたハプニング。

f:id:nagameikuji:20181022012606j:plain

最初の障害物のフラフープくぐりで、隣の子と同じ輪の取り合いになって抜けなくなってしまいニヒルちゃんだけその場で号泣。

f:id:nagameikuji:20181022013211j:plain

会場が笑いと応援に包まれる中、先生に手を引かれながら最後まで号泣しながら1周。ダントツビリ。

いい思い出になりそうです。笑

 

 

悔しくてグズグズ言うかな~と思っていたので、帰り道ちょっとなぐさめ気味に、

「取り合いになっちゃったけど、最後まで頑張ったね~」

と言うと、

「そうなんよ、けんかになっちゃったんよ~。」

とちょっとむくれた顔をしながらも、次には

「もう言わないで!」

と恥ずかしそうに笑いながら言われました。

号泣した割に、悔しくて思い出したくないとかではなく、結構ケロッとしていて、グズグズ言うことはありませんでした。

意外と引きずらないタイプなのかも。

 

 

穏やかで天気もよくて本当にいい運動会でした。

 

今日は友人と子供服作り、明日は七五三参りに行きます。

f:id:nagameikuji:20181022015508j:plain

準備からのことも含めてまた記事にしたいと思います!

 

やっとここまで来た。人見知りが激しい子のバス登園までの道のり

 


ヒルちゃん、2学期からバス登園出来るようになりました。

f:id:nagameikuji:20181005142244j:plain

 

やっと、やっと、ここまで来た~~~!という気持ちでいっぱいです。

 

 

というのも、ブログを読んでくださっている方に伝わっているかどうか分かりませんが、ニヒルちゃんは家ではごく普通(だと思う)の元気な子ですが、知らない人や場所だと、

 

・眉をハの字にしたままじっと固まる

・声をかけられただけで泣く

・何度も会っている私の友人の前でも約1時間は固まる

・そして最後まで声すら出さない

 

という、とっても人見知り、場所見知りの激しい子でした。

 

 

なので、1人で幼稚園に行くことが出来るようになるなんて、1年前はまだ考えられなかったのです。

 

ですが、私の行き詰まり感(息詰まり?)を解消すべく幼稚園を検討しはじめたのが、去年の夏。コナミ友達の話を聞いてちょっと行ってみようかなと思ったのがきっかけでした。

去年の7月に初めて公開保育を見学に行き、そのときに思い切って話を聞いてみました。

 

 

 

とっても人見知りな子ですが、プレ幼稚園に興味があることを伝えると、

  1. 親子教室に参加
  2. 慣れてきたら1人参加教室のショートコース
  3. それも慣れてきたら一人参加のロングコース

という感じでステップアップするとよいですよ。とのこと。

 

4月から一人参加のロングコースに行ってくれれば最高だな~と思っていました。

 

 

そしてちょうど一年前の10月から親子教室に参加。

 

 

友人に便乗してやっと2月から1人参加のショートコース。

 

意外にも全然大丈夫だったので3月にはロングコース。

 

 

そして4月から思い切って2歳児クラスに入園。

でもバス登園は無理だろうな~と思っていたので、1学期の間は車で送り迎え。

 

その1学期の間に、少しずつ、

「バス楽しそうだね~~。みんな1人で乗れてかっこいいね~。」

とか言ってきました。

最初は

「1人で乗るのイヤ!!」

と言っていたのですが、だんだん、

「うん楽しそうだね~。ニヒルちゃんも乗りたい~」

と言うようになり、大丈夫な気がする!と思い、2学期から申し込みました。

まさしく洗脳成功!笑

 

そして初日から泣くこともなくバスに乗り込み、バスで帰ってきました。

「バス楽しかった~」と笑顔でした。

 

 

1学期の車で送り迎えの時は、8時半すぎに家を出て家に戻れるのは9時過ぎ、14時にお迎えだったので、私の時間は13時半くらいに終了で、意外と短い!と毎日思っていました。

が、バス登園になってからは8時半くらいに見送り、15時くらいに帰ってきます。

楽チンだ~。

幼稚園ありがたい!。

慣れちゃうと15時でも早!って感じになってきていますけど。

 

ついでに、夏休みの預かり保育の期間に幼稚園でのお昼寝も経験させたので、延長保育もお願い出来るようになりました。

仲の良いKくんと一緒なのでこれはすんなり出来ました。

 

 

そのおかげで9月からは仕事で午後のセミナーや、打ち合わせも入れることが出来るようになりました。

 

 

とうとう、とうとうここまで来た!涙です。

出産直前から3歳までの3年間と少し。。。。長かった~~。

 

 

1年前は親子教室すら不安だったのに、まさか1年後に幼稚園に1人でバス登園まで出来るようになるとは!!

 

もちろん本人がとても成長したというのもありますが、少しずつ少しずつステップアップをしてきたことで、私もニヒルちゃんも人見知り場所見知りのストレスが最小限でここまでこれた気がします。

 

 

そして1学期の間は送り迎えしたことで、幼稚園での流れや様子もわかり、他の子供達の名前も覚えられたので、話に出てくると理解できるので会話が出来ますし、最初は送り迎えしてよかったな~と思います。

 

 

だいたい、幼稚園に入っての初のバス登園はギャン泣きになって、親から引き剥がすように無理やり乗せて、というのが4月の風物詩のようになると思います。

我が子も絶対確実にそうなると思っていました。

 

が、もうそういう心配はしなくてすみそうです。

 

 

フルタイムワーママだとそんな悠長な事も言ってる間もなく保育園になると思いますが、この4月から幼稚園、バス登園を迎える2~3歳児をお持ちの方であれば、今のうちから親子教室や1人参加教室に行かれたり、幼稚園バスを見かけたら、バス楽しそうだね~とか徐々に洗脳(!?)しておくと、4月が少し楽だと思います。

 

 

今後は幼稚園から帰ってきてからの夕方の時間の過ごし方を模索して行きたいと思います。短くはなったけれど、イライラするときはイライラする。笑

 

そしてリズムが変わって、朝なかなか起きなくなりました。

f:id:nagameikuji:20181005143014j:plain

朝ご飯食べながらも寝てます。笑

これもどうにかしなければ。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3歳児検診と低身長の検査

先月、3歳児健診に行ってきました。

 

3歳になってすぐに行う自治体と、3歳半過ぎてから行う自治体とがあって、わが市は前者のようです。

 

時間はお決まりの13時から。

そこへ向かう車で眠ってしまって、着いてから起きたものの、待ち時間の間にぐずぐずが始まり、最悪の状態で受けることになりました。

 

自分の名前が言えるかとか、積み木を積み上げるとか、型はめパズルとか、丸を書くとか。。。。案の定、ほぼ何も出来ず。

家では出来るんですけどね~と何度言ったことか。笑

 

他にも身体測定、内科検診、歯科検診、保健指導、栄養指導。。。。1歳6ヶ月検診のときと同じような流れでした。

 

 

 

そして身体測定、内科検診の結果、低身長の精密検査を勧められました。

 

身長、体重が小さい方から3%に入ったら自動的に受けるように勧められるそうです。

ヒルちゃんは頭囲は50%で平均値(やっぱり頭が大きい。笑)ですが、身長体重共に3%に入っているそう。

 

 

 f:id:nagameikuji:20180928153237j:plain

成長曲線グラフはこんな感じ。

体重が入院直後はガクンと落ちましたがあっという間に復活しました!

 

 

 

紹介状を書くので後日大きな病院に行ってくださいとのこと。

 

元々、肺炎の検査で心臓の検査等をする予定でしたので、まあちょうどよかったと言えばちょうどよいタイミング。

 

紹介状は封をしてあったので、中を見たかったけど、なんだか見てはいけないような気がして封を空けずに先生に渡しました。

 

が、あっさり封を空けたものを見せてくれました。

f:id:nagameikuji:20180928151557j:plain

達筆過ぎて読めない。。。。。笑

 

先生の話からどうやら不整脈かも?的なことのよう。

 

 

でも心臓エコーの結果は異常なし。

低身長の方もギリギリ3%に入るかどうかくらいのところで、身長と体重のバランスはいいので、3ヶ月ごとくらいに身体測定をして当分様子を見ましょうとのこと。

3%を大きく下回ってくるようなら血液検査等をしてホルモンを調べたり?するようです。

 

 

 

肺炎の方も、ニヒルちゃんの場合、かなりの重症だったようで、気管の炎症がまだまだ回復しておらず、少しの風邪でもすぐに重症化するかもしれない状態なんだそうです。

 

 

実際9月中旬に風邪を引いてしまい発熱と咳が出たのですぐに病院に行きました。

f:id:nagameikuji:20180928151539j:plain

でもほぼ一晩で回復。
先生から念のため3日くらいは家で安静にしてくださいと言われたので幼稚園行けず、、、、IKEAで買ったブランコを室内の梁に取り付けたら大喜び。
その3日間で私が疲れて風邪をもらってしまうという。。。。

 

 

また重症化してしまうと喘息になってしまうそうで、今毎晩喘息予防用?の薬を飲んでいるのですが、それは効き目が4ヶ月くらいから現れるらしく、1年近くその薬を飲み続けてようやく回復するんだとか。

病院も経過観察のために1~2ヶ月ごとに通う必要があるそうです。

 

 

むむむ。。。。ずっと病院通いになりそう。しょうがないけど。

もちろん喘息にはなってほしくはないので気をつけるしかありません。

 

私も小さい頃からチビでガリで、喉も弱い方でしょちゅう扁桃腺炎になっていました。

遺伝ってすごいですね。

 

 

とはいえ、本人は全く元気で、今は幼稚園で毎日のように運動会の練習をしているようです。

どうやらYMCAのダンスがあるそうで、(ヒデキ追悼かな?)

 

わ~いえむしえ~っ わきわき~っ よ~こよ~こっ ぱり~おおきくぱり~っ

 

っていいながらハイテンションで踊ってます。

ぱり~っが意味不明。笑

 

 

 

夏休みふりかえりと宮崎シーガイア旅行

 

え~~、災害続きでハラハラしてるうちにもう9月も10日過ぎましたが、今更ですが来年のために夏休みの振りかえりです。

 

きっと来年も、いえ、冬休みも春休みも、毎日どう過ごせばいいんだ??去年はどうしてたんだ???って思うのが目に見えているもんで。笑

老化現象甚だしく、過ぎてしまえばなんでも忘れてしまうのですよ。

 

 

入院に始まった初めての夏休み。

久しぶりの二人きりの毎日。

元々子供が苦手、相手が自分の娘であろうとじっくり遊ぶのは特に苦手なだけに、どんだけイライラさせられるんだろうと、始まるまでは恐怖に怯えていました。

数ヶ月前までは幼稚園に入れることさえ迷っていたのに。笑

 

 

実際数えてみました。

 

夏休み全部で42日

 

・幼稚園の預かり保育が6日。(ありがたい~)

・プレ2学期保育が4日。 (ありがたい~)

・入院が6日。 (むしろ夏休みとかぶってよかった。)

・家族旅行が6日(2泊3日が2回)。

・オットがいる土日が8日。

・私と二人の全くの暇な日が12日! (案外少ない??)

 

 

通わせている幼稚園は、普段延長保育を利用している頻度によって、夏休み中の預かり保育の受け入れ日数が変わるという、ちょっと変わってる?仕組みです。

 

私は1学期は延長保育を利用したことがなかったので、枠は7日間。

ちなみにフルタイムワーママで、毎日利用していたら、枠は18日間だそうです。フルタイムワーママだとそれでも全然足りないと思いますけど。そこらへんが保育園との違いなんでしょうね。

 

7日間だけですが、それでもありがたく、週1~2日は利用して、しかもお昼寝までさせていつもより長い15時までお願いしました。

気持ち的にずいぶん楽ですね。

 

 

そして何の予定もない12日間を、出不精な私がどうやって過ごしたかというと、

 

庭でプールとテント出したのが3日間、

f:id:nagameikuji:20180910112309j:plain

f:id:nagameikuji:20180910112333j:plain

去年とりあえずで買ったミニミニプールでまだ遊んでくれました。

さすがに来年はもうちょっと大きいのを買おう。

この庭でプールが意外と楽しくて、私はその間に庭の手入れが出来るし、ニヒルちゃんも楽しそうではまりました。

 

 

図書館に行ったのが2日間、

二人でランチに行ったのが2日、

観覧車に乗りに行ったり、

f:id:nagameikuji:20180910112540j:plain

買い物に行ったりがそれぞれ1日、

仕事に同行してもらったのが1日、

病院に行ったのが1日。

それ以外は延々とかき氷作って食べたり、家でダラダラDVD見たり。

f:id:nagameikuji:20180910112622j:plain

 

お昼過ぎに何かと理由をつけてドライブすれば、3時間くらいは昼寝してくれたので、午前中をなんとか過ごせば大丈夫と思えたら楽になりました。

ドライブしなくても、お昼寝しよ~。お母さん眠いから寝るよ~と言って先に寝ていたらいつの間にか横で寝ていたり。

 

ご飯は食べないのに、お菓子お菓子~と言ってぐずられたりするとイライラ〜!っとすぐに沸点に到達するのですが、なんとかなんとか過ごしてきました。

 

 

逆にオットは家でダラダラ2人で過ごすなんて考えられないらしくて、毎週のようにプールに行ったり電車に乗りに行ったり、ショッピングセンターに行ったり、それはまあ頑張ってくれます。夏休みに限らずです。えらいなあ。

 

 

 

そして夏の締めくくりは宮崎シーガイアへの私の父母と弟夫婦との家族旅行。

楽しかったー。

f:id:nagameikuji:20180910113308j:plain

小さい浴衣がかわいかった。

f:id:nagameikuji:20180910113427j:plain

記念日プランということでケーキも用意してくれていました。

 

高かったけれど、部屋はめっちゃ広かったし、部屋から花火は見れるし子供にも楽しい砂浜のプールもあり、温泉も気持ちよくて食事もおいしくて、、、、。高いだけの価値は十分ありました。

 

 

近くの海も最高だった!

f:id:nagameikuji:20180910113203j:plain

f:id:nagameikuji:20180910112954j:plain

 

翌日、近くの宮崎フローランテという植物公園へ。

f:id:nagameikuji:20180910113541j:plain

 ばあばと。

f:id:nagameikuji:20180910113635j:plain

じいじと。

 

 

神戸に続き宮崎。旅行で散財です。。。。

 

実は我が家を建てるとき、父母から資金援助をいただきまして、全部もらうのは申し訳ないので半分は親ローンという形にして、半年ごとに返済をしています。

ですが、どうせまた使わずに置いているだけだろうと思い、それならばそのお金を使って家族旅行に当てさせてもらうことにしました。

どこまでいってもありがたい話。両親に感謝です。

 

 

最後にじいじからの誕生日プレゼントが

f:id:nagameikuji:20180910113951j:plain

ヒルちゃんが背中に背負ってるリュック。

なんとも大人びたデザインで。しかもデカイよ!笑
いつか喜んで使える日が来ますように。

 

 

 

パパイヤ期の終焉

3歳になったこの夏。

 

8月に入ってからとうとうパパイヤ期が終焉を迎えたようです。

 

 

オットの寝かしつけを拒否という形で始まったイヤイヤ期。

これがちょうど1年前。

 

さらにパパイヤに拍車がかかったのが 2歳9ヶ月頃。

 

 

約4ヶ月のパパイヤ期でした。

 

途中、何度となく、

「なんでお父さんいやなん?」

とか

「お父さんと一緒にお風呂入った方が楽しいよ?」

とか言い続けてきたところ、最初の頃はとにかく、

「い~や~だ!おかあしゃんと!」

というばかりだったのですが、あるときふと、

 

 

「おとうしゃんとは遊ぶのはいいんだけどね~~」(それ以外はいやなのよ。の意)

 

 

と、小学生か!???

と突っ込みたくなるような発言もあったり。

 

 

 

結局何が嫌だったのかはよく分かりませんが、3歳になって突如、お父さんとお風呂に入り、寝かしつけまで、今まで嫌がってきたいろいろを嫌がらなくなりました。

 

どうやら、ちゃんと遊んでくれるのは「オトウサン」ということがようやく分かってきたらしい。笑

 

 

それに伴い、おかあさんはあっち行って!とか言われることがでてきてびっくりと共に複雑な気分。【゚Д゚】ハァ?!

 

 

そしてさらに複雑なのは、寝るとき。

今まではお父さんと一緒に寝たくないと言っていたので、別寝室で寝ていたのですが、突如、3人で一緒に寝よ~!と言い出しまして。

 

 

別寝室で寝る方が私達夫婦はもう慣れてしまってよく眠れるんですよね。

 

。。。。。いえ、はっきり言います。

オットのイビキがうるさくて一緒に眠れないのですよ!私。

 

ヒルちゃんは爆音イビキの中でも寝ているので大丈夫なようです。

うらやましい。。。。

 

旦那さんがイビキかいてても平気で眠れる友人知人が多くて、あまり共感してもらえないんですよね。うちの母に至っては「生きてる証拠やん」とか言って、「気にするあんたが悪い」と言われます。

 

しょうがないのでどうしても眠れないときはそっと別室へ移動します。

 

 

 

話は反れましたが、パパイヤ期終了です。

お風呂も寝かしつけの絵本もオトウサンがいいというので私は少し楽になりました。

 

 

先日、入院でいけなかったおもちゃ王国旅行の代わりに、神戸のアンパンマンミュージアムに行ってきました。

去年の夏に福岡のアンパンマンミュージアムに行ったときは、ビビリのニヒルちゃんは着ぐるみのアンパンマンたちに終始腰が引けて、楽しかったのかどうかという感じでしたが、さすがの3歳にもなればきっとハイテンションで大喜びのはず。

 

その姿を見たい!とももちろん思ったのですが、どうせ神戸に行くならIKEAや他のインテリアショップとかにも行きたいという気持ちを抑えきれない私。笑

 

 

昼寝してる間に行ってこようかな~~なんて控えめに言ってみたところ、

オットと娘ともに「いいよ!」と言ってくれたので、私はアンパンマンミュージアムには行かず!ガッツリ朝からIKEAや雑貨屋さんめぐりまで丸一日1人別行動させていただきました。

これもパパイヤ期終了のおかげです。

 

ちょっとさびしい気もしますが、四国からは簡単にIKEA行けないので!

 

f:id:nagameikuji:20180824004240j:plain

いい笑顔。楽しかったようでよかった。

 

f:id:nagameikuji:20180824004501j:plain

写真がすべて微妙。。。。が、文句は言うまい。笑

 

 

 

もはや家族旅行と呼べるのか???ですが、でも堪能しました。

神戸の友人にも会え、岡山の友人宅にも寄れて楽しかったです。

 

 

 

 

イヤイヤ期もピークは過ぎたようで、なんでもかんでもイヤというのはなくなりました。が、口答えやわざと悪いことをするようになり、イライラは減りません。

残念ながら。

 

 

夏休みもあと少し。9月が待ち遠しいです。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

病室で3歳誕生日

 

長々と肺炎入院について書いてきましたが、完結編です。

 

 

入院9日目で退院となりました。

心配していただいた皆様ありがとうございました。

 

 

 

結局誕生日には退院できず、お祝いは病室で簡単に。

 

オットに見てもらっている間にダイソーとセリアでガーランドとバルーンとろうそくを買ってきて、簡単に飾りつけ。家より楽チン。笑

f:id:nagameikuji:20180729134340j:plain

病児保育士さんがメッセージカードとリボンの折り紙をプレゼントしてくれました。

 

f:id:nagameikuji:20180729134243j:plain

オットがアンパンマンケーキをオーダーしていてくれて、ニヒルちゃん大喜び。

 

病室だったけれど喜ぶ元気が戻っていた日でよかったです。

逆に思い出深い誕生日になったかな。

 

 

プレゼントはほんとは旅行の予定でしたが、アンパンマンタブレットとソランちゃんになりました。

f:id:nagameikuji:20180729134841j:plain

アンパンマンタブレットは病室の暇つぶしに急遽買ったもので、すでに渡し済みでしたが。

f:id:nagameikuji:20180729134752j:plain

 

 

点滴も誕生日当日の8日目で外れ、ようやく自由の体に。

 

 

点滴を外すとき、喜ぶかと思いきや号泣。

意外と嫌ではなかったのか、それとも針を刺す時のことを思い出したのかな?

そして、外した後も右手を使おうとせず。。。。笑

上の写真でも右手を使わずに遊んでいます。

 

 

そして、久しぶりに立ち上がったのですが、ふらふらとよろけてしまいました。

f:id:nagameikuji:20180729135107j:plain

笑いながらよろけて倒れこむので最初はふざけているだけかと思ったのですが、ホントにうまく立てない様子。気付いたら、足が驚くほど細くなっているのに気付いて、

ぞっとしました。

 

元々、11キロ弱で華奢体型だったのに、退院時に体重を量ったら10キロしかなくて、約10日間で10%も体重が落ちていました。

激ヤセですよね。

走る事も出来なくなっていて、歩き方もぎこちなくて、それを見ると、ほんとにしんどかったんだな~と、心が痛みます。

 

 

 

退院時。

f:id:nagameikuji:20180729135235j:plain

病室の壁紙のミッキーにバイバイ。

 

 

 

昨日は早速、経過観察で病院に行ってきたのですが、レントゲン撮影の結果、肺の白くなっていた影が薄くなって心臓の形が見えるようになりました。 経過としては順調です。

 

でも、それで分かったのですが、先生が言うには、心臓が通常より少し大きいかもしれないそうで、もしかしたらニヒルちゃんの体が小さいのは心臓に何か異常があるのかもしれない。。。。?

ということで、念のための心臓の検査を1ヵ月後にすることになりました。

生まれたときには2910gで普通サイズだったのに、なかなか大きくならないのは、遺伝だと思って気にしていないようで少し気になるところでもあったので、検査して今のうちに何かわかれば幸いです。

 

 

 

そして、、、日常が戻りました。

私はあまり疲れていないと思っていたのですが、退院した途端どっと疲れが。。。

 

ヒルちゃんはまだ以前のように走ったりは出来ないけれど、中身は早速元気です。

正直、もう少し寝ててくれたらいいのに~と思うくらい。

f:id:nagameikuji:20180729135511j:plain

そうめんだって言っているのに、卵を溶きたいと言って聞きません。めんどくさい。笑

でも足が細いのが見えて心が痛む。。。。という複雑な心境です。

 

 

 

徐々に通常運転に戻りたいと思います。

 

 

 

 

RSウィルス肺炎~入院生活編

続きです。

 

そして、入院生活が始まりました。

 

f:id:nagameikuji:20180724235201j:plain

肺炎という、文字通り肺が炎症を起こしていて、空気を吸ってもうまく酸素を取り込めない状態で、ものすごく酸素の薄いところで一生懸命ぜいぜいと息をしている状態になっていて、とってもしんどいはずなのだそうです。

 

 

先生や看護師さんが一日に何度も血中酸素濃度を測ってくれます。

f:id:nagameikuji:20180724234814j:plain

上は酸素濃度で、下は脈拍なんだそうです。指にはめるだけで瞬時に数値が出ます。すごいですね。

 

95でぎりぎり、普通だと98とか100とからしく、94だと大人でもしんどいそうです。

なのに、高くても93とか、低いときは89とか。。。。

 

ちなみに私も一度測ってもらったら、98でした。そして思い切り息を止めてみましたが、下がらず。なかなか簡単には下がらないんだそうです。なので80代なんてほんとにしんどいらしい。

 

点滴と合わせて、すぐに簡易な酸素マスクも用意されました。

でも酸素マスクはニヒルちゃんが嫌がりなかなかまともに付けられません。

なので私はなるべくニヒルちゃんの口元に酸素マスクを近づけておくのが役目。

f:id:nagameikuji:20180725000239j:plain

そして一日5回のネブライザー(吸入器)で気管を広げて呼吸を楽にする薬を吸入させること。

f:id:nagameikuji:20180725000148j:plain

どちらもとっても嫌がりました。

そりゃ、空気が薄くて朦朧としているときに口元になにか持ってこられたら大人でも嫌ですよね。

 

かわいそうですが仕方ありません。でも嫌がるのを押さえつけてマスクをすることもできず、、、寝るのを見計らってそっと近づける。が約3日続きました。

 

2日目には喘息用のステロイド剤の点滴も始まり、ようやく入院4日目にして熱が下がりました。

そして5日目には少しずつ肺に空気が通り始めたらしく、6日目、ようやく昼間の血中酸素濃度がギリギリ95くらいになり、昼間のみ酸素マスクが外れ、7日目で寝ているときの酸素濃度もようやく95になり、夜の酸素マスクも外れ、呼吸の苦しそうな感じも朦朧とした感じも無くなり、昼間は元気になってきました。

 

 

この間、食欲もほとんどなく、白ご飯2口で終わりとか、全然食べずとか、のどが気持ち悪いのか10分おきくらいに水を飲みたがり、でも点滴もしていて自分ではコップを持たないので、その都度飲ませてあげて。

でもなぜかアイスは食べたがるので、病院内のコンビニに買いに行って食べさせたりとか。。。笑

 

あとは、点滴が切れるとアラームが鳴るのでその都度ナースコールするとか、、、

 

こう書くと保護者の私もしんどそうだと思われるかもしれませんが、間違いなく一番しんどいのはニヒルちゃんです。先ほども咳込みすぎて久しぶりに食べた晩御飯を全部吐いてしまいました。

私は3食おやつ昼寝付きって思えば全然楽。家事は一切不要だし。

個室だったからなので、気を遣うこともほぼなくて、意外と私は大丈夫でした。

(その証拠にブログを書く余裕がある!。でもほんとは図面を書かないといけない!笑)

 

 

長かったような短かったような。

 

 

 

f:id:nagameikuji:20180725001812j:plain

足が届くよ~~って言ってます。笑

ちなみにこのベッドは幅1mで、マットの幅は85㎝です。

ここに二人で寝ています。

24時間付き添いだからと言って、保護者用のベッドがあるわけではありません。

私はまあまあ平気ですが、しんどい人はしんどいだろうな~。

そしてこの柵は上下可動になっていて、元気な子とかはこの柵を超えて落ちたら危ないということで、柵を高く上げなければなりません。

まさにです。

しかもこのベッド、診察や看護がしやすいようにだと思いますが、マット面の高さが70㎝ほどで高いのです。

ふつうはベッドって40㎝くらいの高さなので、椅子と同じくらいなので腰かけられます。70㎝だとテーブルと同じくらいの高さなのです。

 

そこに添い寝です。

ベッドを上り下りするたびに柵を上下させるか、またぐかしないといけないので、私は毎回足が攣りそうです。笑   せめて踏み台置いてほしい。

 

 

 

話は戻りますが、寝ているときの血中酸素濃度も上がってきたので、おそらく明日か明後日には退院できます。

 

ただ、今度は鼻水が少し出てきて、口呼吸になってしまい、咳が治まらないようになり、時々かなり激しく咳込んでしまいます。なのでどうなるかわかりませんが。

 

明日、(もう日をまたいでいるので今日ですが)3歳の誕生日です。

家に帰れるのか病室なのか。どうなることやらです。