nagameの子育て日記

田舎暮らしの子育て日記です。2015年7月、42歳で高齢初産しました。

天使?の4歳の成長記録

とうとう幼稚園のある町で感染者が出て、春休みの預かり保育が突如休園になりました。ですが、そこから感染が広がる恐れが少ないということで、すぐにまた再開されることになりました。

今のところ、始業式等は行われるようですが、どうなるかわかりません。

行政も園も私たちも、初めての経験なのですから、いろんな意見があると思いますが、とても難しいところです。

 

 

年少の1年間が終わり、4月から年中クラスになります。

どんどん成長する毎日で、何度もブログに書きたいと思いながらなかなか書けていなかった1年間の成長記録です。4歳8か月です。

 

・ 待望の天使の4歳!!!

ずっと待ち望んでいたはずの天使の4歳ですが、4歳になったからと言ってコロっと変わるはずもなく、笑

え?これで天使の4歳なの?って思うことの方が多い毎日。

 

それでも

・風邪をなかなか引かなくなって、幼稚園を休んだりの心配はほぼなくなった。

・予防接種でも泣かない!と宣言して泣かなくなった。

・意味不明のただ機嫌が悪いギャン泣きはほぼなくなった。だいたいワガママ泣き。

 

という意味ではほんとに楽になりました。

 

あと、嬉しいことを言ってくれるようになったり。

バイキンマンが来たらニヒルちゃんがやっつけてあげるからね!とか、お母さんだいだいだいだ~い好き。ずっと一緒だよとか。めちゃくちゃ照れてしまう。

f:id:nagameikuji:20200405003534j:plain

動画で撮っておいて将来ツライ時や反抗期に見返したいとか思うけど、撮るとなった途端に言わないのでまだ撮れていません。笑

 

それから心に余裕があって、ちょっと離れたところから見れる場面の時、

例えばスイミングで観覧してるときとか、運動会のときとか。

親バカながら、こんな小さくてかわいい生き物が私の子供だなんて、家族だなんて!

なんて、独身時代が長くて結婚すら諦めていた私は、いまだに時々そういう感情が湧き出ます。

今書きながら思いましたが、今確かに天使の4歳なのかも。

f:id:nagameikuji:20200405003517j:plain

しまじろうに出てくる玉三郎君の真似をしてる。笑

 

いやいや最近のワガママっぷりからすると、もう終わったのような気もする??笑

f:id:nagameikuji:20200405003457j:plain

ピンク鬼のお面。

2歳くらいまで子ザルっぽいな~と思ってたけど、最近小鬼っぽいな。笑

 

 

 

・あいかわらず小柄ちゃん

 f:id:nagameikuji:20200404082600j:plain

 

 相変わらずの底辺層だけど、順調です。クラスでは前から3番目。

 

  体重 14.4kg 

  身長 98.5cm 

  靴のサイズ 16cm

  服のサイズ 100 

 

1年間で身長は6~7㎝伸び、体重は2キロ増えました。去年とほぼ一緒の増加ですが、なんとなく去年より縦に伸びた感が強いです。

同級生より一回り以上小さくて、まだ抱っこできます。

 

今年も同級生からたくさんおさがりの靴をいただきました。ありがたい。笑

 

 

・会話はますます達者に。

来日15年目くらいの外国人の会話って感じ。誰も知らないけど。笑

そして私もオットも地元じゃないので地元弁はしゃべらないのですが、ニヒルちゃんだけ時々地元弁が出ます。面白い。

 

でも言えない言葉もいろいろあります。

テレビ→テベリ

プレゼント→プズレント

ポップコーン→ポックポーン

 

・ 偏食は変わらず。

幼稚園では普通になんでも食べるらしいし、お弁当は毎回一粒残らずきれいに食べてくれます。けど、家では全然です。なんでや!

 

好きなものは いちご、梅干し、コロッケ、からあげ、焼鮭の皮!、トマト、きゅうり、ハム、塩昆布、ウインナーパン。。。。。 

 

 正直、ご飯より、こんにゃくゼリー、ポッピンクッキン、ハイチュウ、おっとっと、アポロチョコ あたりが大好きです。

 

プリキュアにはまらない

年少になって続々と周りの子たちは、アンパンマンを卒業して女の子はプリキュアやプリンセス系、男の子は戦隊ものに興味が移っていく中、まだアンパンマン好きだし、しまじろうやドラえもんが好きです。

幼稚園では男の子と戦いごっこをして遊んでいて、他の女の子とおままごとをするときもあるそうですが、本当はお母さん役をやりたいのに、いつもさせてもらえなくてお姉さん役なんだそうです。

預かり保育の時間、DVDの時間があるのですが、みんながシンデレラ見たい~と言うらしいのですが、その中でトムとジェリーが見たい~と言っているそう。ほとんど採用されないそうで。笑

 

幼稚園ではあまり自己主張が通らない分、家で発散するのか超絶ワガママで抱っこ抱っこです。

 

・ハマったこと・できるようになったこと

確か4歳の誕生日頃まではまだジャンケンはあいまいだった気がするけど、今では普通に大人並みになりました。本気で負ける。

 

ポッピンクッキンにはまり、預かり保育じゃなくて早く帰ってくるときは、ポッピンクッキンがないとギャン泣き。

 

夏にはアクアビーズにはまりました。

f:id:nagameikuji:20200405003520j:plain

器用だと思うけど、かなり手伝わされる。。。

f:id:nagameikuji:20200405003513j:plain



秋からは折り紙。今も続いています。

f:id:nagameikuji:20200405003527j:plain

f:id:nagameikuji:20200405003504j:plain

ハートは一人で折れるようになりました。

 

冬からトランプにはまり、ババ抜き、ジジ抜き、七ならべ、神経衰弱、センソウ、スピード、あたりを次々に習得し、毎晩、ご飯の後にしつこくトランプゲームをさせられました。笑。

 

トランプの後は切り絵にはまりました。

f:id:nagameikuji:20200405003538j:plain

f:id:nagameikuji:20200405003531j:plain

私もハマる。笑。

引きこもり遊びにもいいし、後日記事にしたい。

 

 

1月末くらいからはストライダーにはまり、スイミングが休止されているのもあって、ストライダーコースに毎週のように行っています。ずっとレンタルしていましたが、先日検査入院を頑張ったご褒美に、ペダルを付けたら自転車になるタイプのものを買ってあげました。

f:id:nagameikuji:20200405003501j:plain

スイミングの友達と一緒に行ってとっても楽しそうです。

屋外だし、まだ安全かなと思うので一石二鳥です。

 

 

 

 ここのところの生活リズム

 

 3:00~6:00 私起床 仕事やネットやブログ

 6:00~7:00 オット起床 オット洗濯、洗濯物たたみ

 6:00    オット出勤する日あり。            

 7:00~7:30 ニヒルちゃん起床 

 7:45~8:30 朝食、登園準備 

 8:35    登園。家の前にバスが来るのでお見送り。

      早朝出勤しない日は見送り後オット出勤。

      その後、私は家事、仕事。

 15:05    バスで降園。家の前まで来てくれるので楽ちん。 

      その後おやつ、ダラダラ遊ぶ。

 仕事などで延長保育をお願いしている日は17:30~18:00に幼稚園へお迎え。

 

 19:00 オット帰宅

 19:15 夕食

 19:45~20:30 なにかしら遊ぶ

 20:30~21:00 私とお風呂。

 21:00~21:30 私とニヒルちゃん就寝。

   寝かしつけは絵本3~4冊。1冊が長くなってきました。

 23:00~25:00 オット、ダラダラ後就寝。

 

 

もうお昼寝はしなくなりました。

そして私が朝型生活に変わりました。激変です。

 

朝、幼稚園に行かせるのに、寝起きが悪くて起きても動きがスローで、毎日毎日焦って早く早く!と急かしていました。

が、ここ1ヶ月、先に登園準備をほぼ終わらせて、早めに優しく起こして、なるべく一緒にご飯を食べて、私の気持ちをゆっくりすることで、驚くほどすんなりスムーズになりました。

それまでが怒りすぎて、ニヒルちゃんも反発して遅くなっていたのを、本当は早くしないといけないことを本人も自覚していたのかもしれません。

怒っても急かしても逆効果なんだな~と言うことを痛感。

f:id:nagameikuji:20200405003454j:plain

年少最後の日の登園前に記念写真。

 

 

私が寝かしつけをして一緒に寝て朝型になった分、逆にオットは夜に時間ができて、ダラダラテレビを見てしまうようになりましたが、それでも洗濯、洗濯物畳みは朝起きてやってくれます。

 

 

 

なんだか日常生活どころじゃない!みたいな雰囲気がどんどん進行して行っていますが、なんとかプラス思考を保ちたいと思います。

とりあえず、昨日はお風呂の扉の下らへんの黒ズミと埃を掃除してスッキリしました。笑

 

 

なんとなく外食も少し自粛気味。でも好きな飲食店がつぶれたりしたらとっても悲しい。

コロナが終息したら使えるランチ予約券とか出してくれたらな~とか。前払いにすればお店も助かるんじゃないかな~。

あとテイクアウトのランチお弁当とか作ってもらえたら、自宅の庭でもテンション上がるピクニックとかできるな~とか。

 

 

と思っていたら、続々とそういうサービスが始まっていました。そりゃそうですよね。

なんだかそれだけで元気をもらえました。

テイクアウトして、他にもいろいろ楽しもう~~。

 

 

 

 

 

逆流していなかったけど利尿レノグラム検査

前回の続きです。

尿管逆流症の疑いがあるということで、春休みに入り、終業式の翌日早速検査でした。

 

その前に、元の病院から呼び出しがあり、検査の次の段階についての説明がありました。 

今度の検査で本当に尿が逆流してるのか、そうでないかがわかります。

逆流していたら、今度は今までも逆流していたと考えられるので、腎臓に損傷が生じていなかったかを調べる腎シンチグラム検査というものが必要になるとのこと。

 

逆に逆流していなかったら、尿管が通常よりだいぶ太いので、尿が腎臓から尿管を通って膀胱に行く間に、狭くなっている箇所や通りにくい部分があって太くなっている可能性があるので、尿の流れ方がどうなのかを調べる利尿レノグラム検査というのが必要とのこと。

 

やっといろいろ理解できてきた感じです。

仕方ないけど検査してもまた検査が決まりました。

 

 

そしてまず紹介された大きな病院の泌尿器科膀胱造影CT検査です。

 

親としてもツライなーと気が重かったのですが、ニヒルちゃん本人は先生との話を横で聞いていて、私と二人になった夜寝る前などにいろいろ聞いてくるので、繰り返しちゃんと説明しました。

 

お水飲んだりご飯食べたりしたら、お腹の中でジンゾウがいらないものをオシッコにしてくれて、それが管を通ってボウコウっていうところに行って、オシッコが出るんだよ。

でも、ニヒルちゃんは膀胱の入り口から腎臓に反対方向に逆流してるかもしれなくて、そこにバイキンが入ったりしたら腎臓が病気になっちゃうんだって。

ヒルちゃんの腎臓は一つしかないからそうなるともっともっと大変なことになるからね。いまのうちに検査して直した方がいいんだよ。

だから今度、オシッコの穴から水みたいなのを入れて、逆流してるかどうか調べるんだよ。

などなど。

 

 

なんとなく理解したようで、覚悟を決めたようでした。

当日も、

痛くないと思うよ。だってお尻の穴にした時大丈夫だったし。と。笑

ガスが溜まっていた時に浣腸したのと同じイメージだったようです。

まあ、たしかに。違うといえば違うけど同じとも言える。笑

 

当日、アレルギー反応を抑える薬を点滴で投与。

もう点滴も慣れてきたのか泣かなくなりました。またまた2時間待って膀胱CT検査。

 

予想と違ったのは若い女の先生ではなくCT検査は違う専門の方で、女性1人と若い男性3人ほど。

でももうその時には気にならなくなっていました。そんなことを気にしていた自分をちょっと恥ずかしくさえ思えてきました。

一緒に部屋にいるかを迷っていたのにあっさり、ではお母さん外で待っててくださいねーと言われ、外にいながら中から泣き声がしないか心配していましたが何も聞こえず。

 

数十分後、なんと全然泣かず出てきました。

検査の方も、大人でも嫌なのに、子供がこんなにすんなり検査出来ることなかなかないですって感心されました。

 

ヒルちゃんに後から聞いたら、痛かったけど泣かなかった!そうです。すごい!

 

 

 

で、結果、なんと全く逆流していないことがわかりました。

 

 

むしろ、え?です。笑

 

 

ということで、二日後に元の病院に戻り、利尿レノグラム検査

尿管に異常がないか、尿管狭窄がないかを調べる検査です。

オシッコを実際する時にどんな流れ方をするのかがわかるんだそうです。

そのためには放射線に反応する薬を点滴で体内に入れCTを撮ります。その間短くても40分から1時間じっとできるかが問題らしく、子供はまず無理なので眠ってもらうよう麻酔を使用する予定で一泊検査入院になりました。

f:id:nagameikuji:20200331064429j:plain

1年半前にRSウィルス肺炎で入院した病室。

今度は大部屋ですが、ミッキーの壁紙は同じでした。また来ちゃったなって感じ。

 

 

11時に入院して、12時過ぎには点滴開始。

f:id:nagameikuji:20200331064432j:plain

点滴の包帯にコキンちゃんの手書きのテープが張ってあります。

看護師さんたちが書いたものかな。嬉しそうでした。

 

喘息発作予防のステロイドも点滴に入れて、一昨日の検査で膀胱カテーテルを泣かずに出来たので、眠らなくても大丈夫そうと言うことで再び点滴につながれたまま膀胱カテーテル挿入。もう私の精神的にも慣れてきました。笑

 

再び泣かずにできてほんとにエライ。涙

 

それから眠くなるシロップ(鼻炎薬などに含まれる安全性の高いものだそう)を飲むのですが、意外にもこれが一番てこずりました。味が甘すぎたようで、普段からちょっとでも嫌なものは頑なに拒否するニヒルちゃんは顔を背けて全然飲もうとせず。なんとかなんとかいろいろ脅しもしながら飲ませました。

そしてすぐにトローンとしてきたのですが、ストレッチャーに移動したり、先生が様子を見に来たりで結局眠るまで至らず。そのままCT室へ。

 

それから静脈麻酔をして深く眠らせるはずでしたが、麻酔は強い薬なのでアレルギーや副作用も可能性があるそうで、本来はなるべく使いたくないそうで、直前で、ニヒルちゃんはこのままじっとしていてくれそうということで、アンパンマンの動画タブレットを横に置き、麻酔はせず寝ないまま検査が始まりました。

 

f:id:nagameikuji:20200331064409j:plain

f:id:nagameikuji:20200331064418j:plain



造影剤が入り、モニター上で腎臓が白く映り、それから利尿剤を投与し、白く映った尿が尿管から膀胱に流れる様子がわかりました。

 

約40分、ニヒルちゃんはほぼ動くことなく検査終了。

 

 

結果、尿管は太くて蛇行している部分はあるけれど、滞っている部分はなさそうとのこと。

詳しい検査結果と今後の方針等は先日行った泌尿器科のある大きな病院で説明があるそうです。

まだはっきりはしませんが、腎臓は一つでも、尿管は太くて蛇行しているけれど、尿管逆流症も尿管狭窄もなさそうで手術等も不要だと思います。

 

よかった~~~。

 

約2か月間の検査の日々も終わりそうです。

 

 

 

 

検査を頑張ったご褒美にストライダーとドラえもんアイスケーキを買ってあげました。 

f:id:nagameikuji:20200331064414j:plain

f:id:nagameikuji:20200331064425j:plain

うれしくて、雨だったので家の中で乗り回し、この後壁に傷が入りました。涙。

家の中で組み立てた私が悪いのですが。



f:id:nagameikuji:20200331064421j:plain

f:id:nagameikuji:20200331064411j:plain


週末にはお友達と一緒にストライダーコースへ。

とても楽しそうでした。平和なひと時。

 

 

 

今回本当に、お腹が少し痛いことで念のため病院に行き、念のためレントゲンを撮り、念のためCTを撮ったら片腎がわかり、そして、たまたま、かかりつけの病院に3か月間だけの期限付きで来られていた先生が小児の腎臓の専門の先生で、その先生にいろいろな疑いを詳しく検査してもらえました。

しんどかったけどとてもラッキーだったと思います。

もしあの時、病院に行っていなかったら、もしかしたら一生気づかなかったかもしれません。見つけていただいた先生方に本当に感謝です。


 

 

 

 

 

 

片腎という衝撃。検査、そしてまた検査の春

春なのに世の中どんよりしていますね。

コロナコロナだし、身内事ですが義母が物忘れがひどくなってきているようで心配だし、わたしはまた頭痛、そして今日は東日本大震災から9年。

余談ですが朝ドラではたけし君が白血病とか。涙

 

なんとかなんとかコロナ早く終息してほしいものです。

 

幼稚園は今のところやっているので本当にありがたいです。

 

そんな中、ニヒルちゃんには別問題が起こりました。

 

前々回の記事で喘息だったことが判明して落ち込んだところだったのですが、その診察から1週間もたたない2月初旬に、幼稚園から呼び出しがあり、微熱があってお腹が痛いと言っているので迎えに来てくださいとのこと。

 

お腹が痛いって言ったのは生まれて初めてのことで、不思議に思いながら迎えに行きました。

すると、もう痛くないと言い出し、熱ももう下がったそうで。

 

ここのところずっと不機嫌だったし、ほんとに痛かったのかな~?と半信半疑ながらも、嫌がるニヒルちゃんを無理やり連れて一応病院に行くことにしました。

 

そして診察。

お腹がずいぶん張っているそうで念のためレントゲンを撮ることに。

すると腸にガスと便と、胃に残渣(胃にのこっているごはん?)がとても溜まっていることがわかりました。

 

実は通っている幼稚園はまあまあマナーに厳しめの幼稚園で、もしみんなの前でオナラをしてしまったら、「失礼しました!」って言わないといけないのです。

幼稚園児にそこまでしなくていいんじゃないかって思うんですけどね。

きっとそれが嫌で幼稚園ではずっと我慢してるんじゃないかと思い当たりました。

結局その場で浣腸してトイレで特大オナラを出してスッキリ。

 

 

 

で、ここまでは笑えるのですが。

 

 

レントゲンを撮った際、ガスが溜まっている場所と胃の位置ががずいぶん普通と違っていて、気になるのでCTスキャンも念のため撮りましょうということになりました。

 

その結果。

 

先生「あらま。腎臓が1個しかないですね。」

 

は?」

 

 

「普通は2個あるんですけど1個しかないようで、そのせいで胃の位置がずいぶん左に寄っているようです。

たまたまわかって、まさにひょうたんからこまですね」

 

「え?」

 

「まあ、腎臓は移植も出来るくらいですから1個でも大丈夫と言われている臓器ですからね」

「片腎であることに気づかす一生を終える人もいると思います。」

 

 

「そうか、そうなんですね。よくあることなんですか?」

 

 

「私は初めてです。」同年代のアラフィフ先生です。

 

 

「え?」

呆然。

 

ちょうど新しく来られた先生がそういう専門の先生なので、次回詳しく検査しましょう。と言われました。

 

生まれつき腎臓が一つというのは「先天性片腎(へんじん)」というそうです。

ヘンジン。。。

 

 

頭でどう捉えていいのかわからないまま家に帰りました。

 

高齢出産だったのに普通に健康に生まれてきてよかったって思っていたのがそうではなかったということに、ず~~~~んとなっていました。

 

そして帰って検索してみると、先天性片腎は1000人に1人くらいの割合で起こるそうで、そして先天性片腎の場合、子宮関係にも異常があることがあるそうで。

 

ますますず~~ん。検査までの間、ついつい不安になりました。

 

 

その間にも一度夜中に咳がひどくなって嘔吐してしまい、病院へ。

これが喘息発作なのかと思い、心配になっていったのですが、大したことないそうで安心。

今度はその2日後には熱が出て、食欲もなく心配しましたが翌日には回復してお遊戯発表会。

練習で疲れがたまっていたのかも

 

f:id:nagameikuji:20200311150212j:plain

これはこれで記事にしたかったけどどんどん時が過ぎ。

 

 

その次の日に検査に行きました。

尿検査をしてエコーを撮り、血液検査。もちろん採血でギャン泣き。

 

f:id:nagameikuji:20200217144856j:plain

 

その結果、腎臓は通常より大きいですが一つでも正常なようです。とのこと。

ほっと一安心。

 

一つしか腎臓がないので、異常がないか今後1年に1回は経過観察で検査が必要だそうです。

ただ、子宮系の異常があるかは、確かに腎臓が形成される頃に子宮系も形成されるのでそういう事例もあるとのことですが、今はまだ小さすぎてわからないとのことでした。

 

 

 

。。。。。で、ここで終わらず。

 

 

腎臓は片腎でも大丈夫そうだけど、ただ、エコーで見てみると腸が腸炎のような症状が出ていて、便も固く溜まっている。尿管逆流の疑いもあるので次回もう一度検査しましょうと言われました。

 

今度は「尿管逆流症」だそうです。芋づる式で出てきます。

 

「排尿、排便はいかがですか?便秘気味ではないですか?」

と聞かれて、

「え?普通に便秘でもないし大丈夫です」

って答えたのですが、そういえば、最近、トイレに一人で行けるようになったので、実際見ていないことに気づきました。

もしかしたらウン〇が硬くて出にくいことを隠したくて一人で行っていたのかも?

なのに私は一人で行けるようになってエライエライと褒めてしまっていました。

そしてここのところずっと不機嫌で食欲少なめだったのはお腹がなんとなく気持ち悪かったのかもしれない。

 

 

f:id:nagameikuji:20200218190020j:plain

珍しく自分から夕寝をしてそのまま朝まで寝てしまったり。

 

f:id:nagameikuji:20200213080917j:plain

朝の寝起きも悪く、超絶機嫌が悪かった。

 




4歳が初めてのお腹の不調を言葉にするのは難しかったんだと思います。

全くそこに頭がいかなかった私はなんてバカなんだ。

 

 

尿管逆流の検査のために次回、造影CTスキャンという検査をすることになりました。

本当はその日に一緒に出来たらよかったらしいのですが、風邪気味、便秘気味ということで次回に。

造影CT検査というのは、絶食をして点滴で造影剤というものを体内に入れて、CTで血液の流れが見えるようにしてCTを撮るというものだそうです。

造影剤でまれにアレルギーを起こすことがあるので喘息もちで風邪気味なら危険かもしれないらしいです。

 

 

ああ、点滴か~。また泣くだろうな~と、気が重い。

そして便秘を直すために軟便になる薬も飲まなくてはならなくなりました。

そんな薬を飲ませながら、幼稚園に行かせていいのか迷ったのですが、私も仕事がとても混んでいるときに重なってしまって、どうしようもなくて、先生に連絡ノートに書いてお願いしました。

下剤ではないのでちょうどいい具合に緩くなったようで、問題なく。

次の日の夜には出るようになり、風邪も直りましたが、引き続きずっと情緒不安定で、すぐに泣いてすぐに怒り。

f:id:nagameikuji:20200220184004j:plain

いつものパン屋でも。

体調が悪いんだろうな~と思いつつ手を焼きました。

 

 

そして造影CT検査の日。

朝から絶食で、点滴開始。

f:id:nagameikuji:20200311150138j:plain

それから造影剤が入るまでお腹ペコペコの中2時間携帯ゲームなどでしのぎ、CT検査。やっぱり尿管逆流症があるようですとのこと。

 

尿管逆流症というのは、通常は腎臓から尿管を通って膀胱に行き、それから排尿されるという一方通行なのですが、尿管と膀胱の間の弁がうまく閉じず、逆流することがある病気で、これも生まれつきなのだそうです。

逆流してばい菌などが腎臓に行ってしまったら尿路感染症を起こして高熱が続いたり腎臓を傷めたりするそうで。

腎臓が一つしかないのでそのリスクを避けないといけないということだそうです。

 

便秘だったり、おしっこを我慢したりすると膀胱を刺激して逆流することがあるそうです。

そういえばオムツが取れてから、オシッコの間隔は普通の子より長くて、大人並みでした。夕方行ったらそのまま朝までということも結構あり。そういう子なんだくらいにしか思っていなかった私。なんてバカだったんだ。

 

赤ちゃんの頃からお腹がぽっこり出ていたのも、片腎や尿管逆流でガスが溜まりやすかったりするのか、いろんなことがつながるのかもしれません。

お腹出てるね~~なんて笑っていたけど、原因があったということです。

 

そして、逆流症がほぼあると分かったことで、大きな病院で泌尿器科の先生に診てもらった方がいいということで、今度は違う病院で、専門の先生に診てもらうことになりました。

 

で、それと同時になるべく寝る前と朝のオシッコを習慣づけて1日に5~6回は行くようにしてください。と言われました。

ヒルちゃんも話を聞いていて半分くらいはわかっているようで、ちゃんとトイレに行くようになりました。

それから偶然かもしれませんが情緒不安定も治まり、朝の目覚めもよくなりました。

f:id:nagameikuji:20200228083108j:plain

朝にバスが来るまでに記念撮影を撮る余裕も出来ました。

そういえばひなまつりもミモザの日もいつの間にか終わってた。。。。

排尿排便がどれだけ体調に影響するのか、今までどれだけトイレに関して私が注意してなかったかを痛感します。

 

 

そして先週大きな病院へ。

小児科ではない泌尿器科なので、待合室に絵本もなく、しかも世の中すでにコロナコロナで殺伐とした雰囲気。

 

1時間待って診察。

今回は前の病院での診断結果やデータを見てエコーをしてもらって、次回に今度は点滴をしてアレルギー抑制剤を投与してから膀胱CT検査をすることになりました。

 

検索をしてその検査をする可能性がわかっていたので、その検査にならないといいなあと祈っていたのですが、やっぱり避けては通れませんでした。

 

尿管から造影剤を入れるそうでめちゃくちゃ痛そうだし心理的にもつらい。女性の若い先生が検査するそうでまだよかったです。

友人が中学生の頃にその検査をしたことがあるそうで、しかもオッサン先生だったそうで、その頃に発覚してこういう事態になるよりは、まだ記憶に残るか残らないかの年齢だからよかったのかもしれません。

 

次回、その検査をして、手術的なものが必要かどうかが決まると思います。

尿管逆流は赤ちゃんの頃なら薬で治癒したかもしれないけど、4歳ならもうそれは望めないそうです。

 

 

片腎も尿管逆流症も生まれつきということで、もしかしたらつわりの時にあまり栄養を取らなかったからかなとか、高齢出産だったからかなとか、考えても仕方がないんだけど、一人になると考えてしまって申し訳ない気持ちで落ち込んでしまいます。仕事が忙しいのが逆に幸いかもしれません。

 

春休みに入ったら検査です。2月から何回目の検査だろうか。

 

ちょっとお腹が痛いと念のため病院に行って、念のため検査したことで、たまたまいろいろなことが芋づる式に分かって、逆にラッキーだったと思おうと思います。

 

 

記録のためにもめちゃめちゃ長い記事になってしまいました。

 

排尿排便の習慣は大切。

原因不明の高熱が続いたら尿路感染症の疑いがあるそうです。

赤ちゃんのうちなら投薬で治癒するそうです。

 

どなたかの参考になればと思います。

 

 

 

そしてもしも、ニヒルちゃんの腎臓にいつか問題が起きて、腎臓移植が必要になったとき、私の腎臓を移植できるように、なんとか健康で、天災にも備えて、生きていきたいと思います。

 

 

 

 

 

いまさらの高齢出産記録

 

ものすごく今更ですが42歳の出産記録です。

今年5歳になるので、もうはるか昔のようです。

オットも詳細は全然覚えていないだろうし、将来娘にどんな出産だったかを伝えてあげるときのために?笑。

 

f:id:nagameikuji:20200213072110j:plain



 

結婚したのが39歳で、もともと子供は苦手だったこともあり、このまま子供はいない生活でいいかなーと思っていたのですが、41歳の時に家を建てて、精神も生活も安定したのか、まさかの妊娠でした。

仕事柄、こういう方が多いのは知っていたんですけど、我が身にも起こりました。笑

 

母子手帳をもらうために保健センターに行ったとき、係の人から自然妊娠ですか?と驚かれました。その時は知りませんでしたが、40歳を過ぎての自然妊娠はかなり確率が低いんですね。

 

出産より先につわりです。

 

生理が遅れていることに気づいてまさかと思いながら検査薬を買ってきた途端に、どんどん食欲がなくなりそれとともに嘔吐。

1日半?全て出てしまって、もう何もないのにそれでも吐き気が止まらず。

でも水をのんでもポカリをのんでも気持ち悪くて気持ち悪くて吐き気のみ。

 

夫にこれ妊娠かもと告げたときに戸惑った顔。

私も同じく戸惑いしかなかったので、なんで喜ばないのよ!なんてことはなく。笑

 

死にそうになりながらなんとか翌朝にオットが産婦人科へ連れて行ってくれました。

ケトン体という数値がプラス4というかなりひどい状態で即入院となりました。

 

 

まさかの妊娠でまさかのつわりでまさかの入院。

入院して吐き気止めの点滴を一日中してだいぶマシになりました。

 

約一週間入院して退院後もつわりの毎日。

吐きづわり食べづわりのミックスで、お腹が空いても何かを食べても気持ち悪く、毎日吐いていました。

夕方になると立ち上がれずトイレの近くでじっと壁にもたれて小さくなっていました。でも食べないと気持ち悪いのでなんとか食べられる物を探し続けました。

 

水もお茶もダメでなぜか飲めたのはイチゴミルクと炭酸少し。食べ物はそうめんかコンビニおにぎり少し、野菜サンドイッチ、クラッカー。。。

クリスマスの夜、オットにはどこかで食べてきてと言い、一人で冷たいそうめんをちゅるちゅる食べました。

 

水をゴクゴク飲めるのがどれだけ気持ちいいか、美味しいものが美味しいと思えるのがどれだけ幸せか心の底から思いました。

 

それからいろんな人工的な匂いがダメになりました。シャンプー・ボディソープ類がダメでお風呂で吐きそうに。コーヒーを飲んだ後のオットの匂いも。

パン屋さんのパンの匂いには救われました。

 

 

そんな日が約3ヶ月。早く終われ早く終われと念じる毎日。その間も仕事はしていたのですが、不思議と打ち合わせ中などは気が紛れるんですよね。

 

 

つわりが終わってからはすこぶる順調でした。

でも妊娠発覚時があまりにしんどかったので、高齢でもあるし出産までは到底無理だろう流産するだろうって正直思っていました。

 

私は小さいころからガリガリのチビだったので、高校の時の担任の先生(女性)に「ナガメさんはもっと太らないと子供産めないよ」と言われたのが言霊のようにずっと頭にありました。それもあって、どこかでまともな出産ができないと思い込んでいるところがありました。

 

 

しかしそのまま順調に時間はたち、しかも予定日すぎても全く気配なく。

f:id:nagameikuji:20200213072108j:plain

入院に向かう朝に家の前で記念撮影。お腹が出てる~~

 

 

予定日より8日遅れて入院し、陣痛促進剤を打つことになりました。

その前にまず、入院した日に子宮頸管拡張の〇〇という器具。←よくわからなかった。

 

そんなことするって思っていなかったのでびっくりもあって、めちゃくちゃ痛かった。入れっぱなしで数時間?経っても子宮頸管開かず、夕方にはバルーンというもの。

これもめちゃくちゃ痛かった。涙

痛すぎて、後でバルーンを検索してもあまり経験談って出てこなくて、この痛さであまり出てこないっていうことは出産ってこれ以上なのかと思うと絶対無理だと恐怖で気が遠くなりそうでした。

夜には10分間隔で張りがあったのですが、談笑できるレベルだったので陣痛ではないですよと言われました。

 

結局翌朝バルーンを外しても子宮頸管は開いておらず、促進剤を打つことに。

 

先生に最初から「高齢でもあるので途中で帝王切開に切り替える可能性も高いですがよいですか?」と言われ。

思わず「いいです。」と言って、むしろそうして欲しいと思っている自分がいました。

でもそのあと、自分の弱さが情けなくて情けなくて涙が出てきてしまい、看護師さんが励ましてくれました。

 

 

9:00から促進剤点滴投与。

最初は余裕で、促進剤も効かないのかも?と思っていましたが、1時間半ほどで急に陣痛が来ました。急に痛みが強くなり5分間隔に。

30分後くらいにはあっという間に2分間隔でマックスに。2分あいて1分陣痛。その間に気を失うこと数回。助産師さんがずっと背中をアロママッサージしてくれてそれがとても救いでした。ソフロロジーを推奨している産院だったのでそのつもりで力を抜いて~呼吸して~と思うのですが、、、、、

無理でしょ!力を入れずにいられない!痛すぎる!

 

そのまま数回気を失いながら1時間半後の12:30

結局子宮口4㎝しか開かず、帝王切開が決まりました。

決まったのなら早くやってほしいのに、陣痛が2分間隔の中、約1時間半後にようやく車椅子で手術室へ。

 

14:15やっと脊椎麻酔。

麻酔注射が痛いと聞いたことがありますが、陣痛に比べたら何も感じませんでした。打ったすぐから体がふわ~っと力が抜けて痛みが和らぎました。

手術している間、二人の先生が執刀してくれたのですが、頭の遠くの方で、先生二人がたわいもない内容の雑談が聞こえていたのが面白かったです。

 

下半身麻酔だったのですが、頭はぼーっとですが起きているし、お腹を切る感触、お腹の中を触って赤ちゃんを取り出す感覚がかすかですがわかりました。

 

1349分出産。予定日より9日遅れの7月25日。

すぐに泣き声が聞こえ、顔のところに運んでくれて見せてくれました。

 

f:id:nagameikuji:20200213072123j:plain

2910
 

f:id:nagameikuji:20200213072121j:plain

手が紫色だった。

 

1515には手術が終了してオットとも再会。

赤ちゃんも部屋へ。私はまだ下半身麻酔が効いていて足が動かないまま腕枕。

 

感激で嬉しくてというより、とうとう生まれてしまった。どうしよう。大丈夫かな。大丈夫なのかな。大丈夫か?という気分。たぶんオットもそう。

f:id:nagameikuji:20200213072115j:plain

 

f:id:nagameikuji:20200213072118j:plain

つむじがきれいだな~って思いました。笑

 

三日目には母子同室となり、夜中授乳しても抱っこしてもなかなか寝ないで泣き続ける赤ちゃんに早くも心が折れました。

出産の痛みが怖かったけど、それよりもそのあとの方が大変だということを思い知りました。

 

f:id:nagameikuji:20200213072113j:plain

産院で初めての沐浴。子ザルだわ。笑

 

つわりと陣痛と帝王切開と。

1人しか生んでない割にはいろいろ経験できました。

陣痛が何十時間かかったとか途中で手術になって病院搬送されたとか、もっと壮絶な人はたっくさんいるので、無事に生まれたんだし大したことない方かもしれません。

 

 

でももう一人を考えたとき、帝王切開はともかくあのつわりをまた経験するかもしれないと思うとなかなか踏み出せませんでした。

身近に頼れる親類もいなく、まだ小さい手のかかる子供を育てながらつわりで3ヶ月なんてとても無理。

でもそれは自分への言い訳だったかもしれない。

 

なのであの陣痛、出産を経験しながら234人と産んでおられるたくさんの方を本当に尊敬します。

 

 

 

今になってやっぱり弟か妹を作ってあげたかったと思います。

もう少し若かったらな~。もう考えてもどうしようもないんで考えませんが。

 

一人っ子なんて世の中にごまんといます。

一人っ子育児を堪能しようと思います。

 

 

 

以上長々といまさらの出産記録でした。読んでいただいてありがとうございました。

 

娘がいつか読む日が来るのかな~。

と、思うと、出産がしんどかったしか書いていないので悲しくなったら申し訳ない。

付け加えのようですが、こんな思いをしたけど頑張って産んでよかったと本当に思います。

こんな母だけど生まれてきてくれてありがとう。ヘボヘボでごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

1年半の勘違いと後悔

1年半前にニヒルちゃんはRSウィルスに感染しそれから肺炎になってしまい、入院しました。

 

 

それ以降、2ヶ月に1回ペースで病院に通い、毎日晩には喘息予防の薬を飲んで、経過観察をしていました。

結構ひどい肺炎だったらしく、その後も喘息になりやすい状態ということで、実際に7月に入院以降、9月、10月、12月と、入院までは行かなかったけれど風邪をこじらせて咳がひどい状態になりました。

 

先生の話では最後になってから1年間咳がひどくなる症状が出なければもう大丈夫なので薬も止められるという話でした。

その頃は1年間も風邪をこじらせない自信は全くなかったのですが、実際、去年は1年間、熱が出てもすぐに下がり、咳もひどくなることがなくなり、幼稚園も休む心配をしなくてよくなりました。

 

ほんとに強くなったな~~、このまま1年間大丈夫かも!と思っていた矢先、年末の12月に風邪をこじらせてしまいました。

熱はほぼ出なかったのですが、軽い咳が2週間続き、軽かったので病院に行くほどではないと思っていたのですが、最後に咳き込んで嘔吐してしまったことがあったので念のため病院に行きました。

でも肺炎ぽいゼイゼイヒューヒューという音ではなく、痰がからんだプチプチという音がしてるので気管支炎かなというお話でした。

 

私としては、それならもう大丈夫なのかな~、それともまた1年間は経過観察なのかな~とよくわからなかったのですが、また1か月後に来てくださいとのことだったので先日行ってきました。

 

たまたまその時の先生が新しい先生で、(行っている病院が大きい総合病院で、小児科に3人先生がいて、毎回違う先生なのです。そこに4人目の先生が登場)、ふとした会話から、驚愕の事実が判明しました。

 

もう動揺してしまって、何の会話からそこに気づいたかがどうしても思い出せないのですが、私が1年間喘息予防の薬と思っていたのは喘息発作予防の薬で、ニヒルちゃんは1年半前から喘息という診断だったのです。

 

知らなかったよ!

喘息だったの?!

 

 

その新しい先生も、え?聞いてませんでしたか??

お子さんは気管支喘息という、病名というか、診断ですよとのこと。

 

 

どうも肺炎入院のあと、数回繰り返し気管支炎になったことで喘息という診断だったっぽいです。

 

今まで、もしかしたら説明はあったのかもしれませんが、私の中で肺炎と喘息と気管支炎の関係性がよくわかってなかったので、先生の話が理解できていなかったのかもしれません。

 

 

あとから、いつもの先生が出てきてくれて、説明してくれました。

・ニヒルちゃんはRSウィルスからの肺炎で、その後症状が出なければウィルスの影響が強い肺炎だったと言えるけど、その後に繰り返したことで気管支が狭くなっているということで喘息という診断。

・気管が狭くなっているので、風邪をひくと気管に炎症を起こして喘息発作を起こしやすい。

・炎症を起こしたらさらに気管が狭くなるので息をするとゼイゼイヒューヒューという音がする

・その狭くなっている気管を元に戻すには数年かかり、そのための薬を飲まないといけない。

・気管が戻ったかどうかは診断しづらい。

 

などなど。

正直、先生の説明を聞いてもピンとこなかったのですが、帰って喘息を検索したり今ここに書きながらやっと理解した感じです。

 

 

帰り道。無邪気なニヒルちゃんの横で一人どんより。

喘息だということを知っていても知らなくてもこの1年半、大してできたことは変わらないと思い返して、なんとか落ち込んでもしょうがないと思い直しました。

 

もしかしたら、少しの鼻水や咳で心配してスイミングを休ませたり幼稚園を休ませたりは増えたかもしれませんが、結果的にはほぼ1年間喘息症状は出ていなかったのでこれでよかったのだと思います。

 

 

でもそれより、そもそも肺炎になったとき、私が1日様子を見たばっかりに(休日に小児救急で風邪という診断だったので、甘く見て1日かかりつけ医に行かずに様子を見たのです)重い肺炎になってしまい、そして喘息にしてしまったんじゃないかという後悔。

このまま喘息もちのまま大人になったら私のせいだわ。ごめんよ~~~~。

 

 

 後悔してもしょうがないし、これから気を付ける事しかできないけど、誰かの参考になることがあればと思います。

 

 

 

 

4歳児の夢の変遷

 

先日、ニヒルちゃんと将来の話になりました。

 

確か最初は、3歳なりたてくらいのころだったと思いますが、運転手になりたいと言いました。車でも電車でも運転したいというのが最初の夢?

 

それから4歳になったころ、ちょうど幼稚園で七夕と重なり、短冊にはアンパンマンのように強くなりたいと書いていました。

4歳ともなると周りは続々とアンパンマンを卒業してプリンセス系に興味が変わるようなのですが、ニヒルちゃんはずっとアンパンマン好き。笑。私もプリキュアよりはアンパンマンの方がいいかな~。

 

そのあと秋頃はケーキ屋さんになりたいと言いだしました。

おお、初めて夢らしい夢だな~と思っていましたが、案の定たくさんケーキが食べられるからという安易な理由。

 

ケーキ屋さんは売るのが仕事だから食べられないんだよ。とちょっと意地悪に言ったら、そっか~とがっかりしたあと、でも味見は出来るでしょと返されました。笑

 

そしてその後、冬になるとエミフルで働く人になりたいと言いました。

エミフルとは近くにあるショッピングモールです。

 

あらま、急に現実的!と驚いていると、、、、、

やっぱりやめた、なんにもならないと言い出しました。

 

なんで??

だってお仕事忙しそうだもん。忙しいの嫌だしなんにもなりたくない。だってずっとお母さんと一緒にいたいんだもん。

え?照

 

。。。。4歳にしてそうくるか。さすが我が子、現実的~~。笑 

あまり自覚はなかったけど忙しい忙しいって言いすぎてるのかな~。とちょっと反省。

 

なんにもならずに生きていくためにはものすごい勉強しないといけないんよ。頑張らないとね!

と言っておきました。笑

 

 

すると今度はお正月に急に、家を作る人になりたい!と言い出しました。

ちょうどオットと私の実母がその場にいて、

おおお~~~!!?ちゃんとお母さんのお仕事見てるんやないいやんいいやん!と(私が建築士なので)テンションダダ上がり。

オットは「お父さんはいつかそういうんじゃないかと思ってた!」とまで。

 

私はなんかおかしい、そんなこと急に言うかな?とちょい照れながらも半信半疑。

 

 

 

。。。で、後日やっぱりわかりました。

ヒルちゃんが憧れたのはこの人。

f:id:nagameikuji:20200125142414j:plain

とりごろうさん!!!しまじろうに出てくるとりっぴいのお父さんです。

f:id:nagameikuji:20200125142416j:plain

大工さんなのです。笑

 

やっぱりね。おかしいと思いました。ただただ年末から見ていたDVDの影響でした。

 

ヒルちゃんは私に、

大きくなったら一緒に大工さんになろうね。一緒に頑張ろうね。

って言ってきます。笑

え、一緒に?私今から大工さんになるの?笑

 

 

そして昨日はクッキー屋さんになると言い出しました。

 

まあこれからもいろいろいろいろ変わるんでしょう。面白いです。

 

 

ヒルちゃんが何になろうと応援するつもりですが、好きなことを仕事にしてもらいたいと思います。そのためには努力しないといけないし、その努力が出来る子に育ってほしい。

そしてこれは運もあると思いますが、いろいろな縁に恵まれて、努力が実を結ぶ人生であってほしいなと思います。

 

 

私は今は設計の仕事がとても好きで面白いのですが、小さいころから学生のころまで夢はあやふやでした。

就職で、部屋の模様替えが好きという理由だけで、なんとなく建設会社に入りました。が、建築はクレーム産業でもあり、2030代とってもしんどいことも長くあったけど、自分の目の前の仕事を頑張ってやっているうちに、上司や同僚にも恵まれ、仕事が面白くなり今に至ります。

途中でやめなくて本当によかったと思います。

まあ、なかなか結婚に至る良縁に巡り合えなかったので、仕事するしかなかった。。。とも言えるのでえらそうなことは言えませんが。笑

 

 

ヒルちゃんにも将来好きだと思えるそういう仕事を見つけてほしいなと思います。

 

 

 

 

2020 TODO LIST

 

お正月休みが長かったおかげで、なんと実家に6連泊もしてしまいました。

久しぶりに、おそらく大学生の時以来ではないかと思う長さです。いつもは3泊4日なんですけどね。

 

義実家の方は毎年、お正月は寒いし雪が積もるから帰ってこなくていいって言われます。その言葉に甘えて義実家には行かず。でも今年は雪もなかったようだし行けばよかったな~。

 

6連泊もしたのに、したことは、日帰り温泉に2回、家でカードゲーム、トランプ、初詣、近くの公園に散歩、庭でバドミントン、近くの植物公園と海にピクニック、、、、、ダラダラダラ~~と楽しかったです。オットも結婚して7年、私の実家でダラダラするのも慣れてきたようで、オットの方から今年は休みも長いことだし、長く帰ろうか?と言い出しました。ありがたい。

 

久しぶりに心も体も休み切った気がします。

おかげでめちゃくちゃのんびりパワーチャージのつもりが、休みすぎるとだめなんですね。

帰ってきてからも体も頭もぼーっとしてて、あ~楽しかったな~、せっかくだったらもっといろいろ遊びに出掛ければよかったな~とか思うばかりで思考が働かず。

 

f:id:nagameikuji:20200118074823j:plain

娘も同じ感じで目が腫れぼったい。笑

 

休み明けすぐに仕事で打ち合わせやセミナー、幼稚園では参観日や懇談会が立て続けにあり、徐々に徐々に目が覚めた感じです。笑

 

 

そんななか今年もTODOリストを作りました。もう作らないと落ち着かない。笑

皆様興味ないとは思いますが、私のモチベーションアップのためにおつきあいください。

仕事編
  1.打ち合わせ用施工例写真のまとめ
  2.外皮計算を全ての物件で行う
  3.太陽光5年分データ整理
  4.デスク周り整理
  5.自邸資料整理
  6.サンプル整理
  7.HEMS再設定
  8.外観デザインをもっとアップさせる

育児編
  9. 5年アルバム作成
  10.東京オリンピック旅行

  11.自転車購入
  12.子ども服整理
  13.テント購入
  14.浴衣手作り

家しごと編
  15.年賀状を整理する(1月)
  16.いちごジャム・カキ氷用シロップ作る(4月)
  17.梅漬け、梅干を作る(6月)
  18.バジルソースを作る(8月)
  19.カフェカーテン取替え
  20.引き続き不用品処分
  21.納戸整理
  22.生地整理
  23.取説再整理
  24.洗剤を整理する
  25.服のコーディネートを効率化する
  26.トートバッグ製作
  27.換気システムフィルター交換
  28.浴室配管掃除
  29.フロアメンテオイル探す
  30.日常使いの器を見直す
  31.献立作りを楽にする仕組みを考える

庭しごと編
  32.枕木敷
  33.とうもろこし、ソラマメ、枝豆、バジル、綿花、大根
  34.芝貼りさらに拡張
  35.季節のスワッグ・クリスマススワッグ作り(11月)
  36.花冠・リースを作る
  37.ガマズミを植える

その他
  38.確定申告(2月)
  39.住宅ローン見直し
  40.キャッシュレス化を検討する





以上40項目!やっぱり多い!

去年は比較的1~2月に時間があったのでスタートダッシュでいろいろ頑張り、今までにない達成率でした。
でも結局全部はクリアできなくて今年に持ち越しもあります。



今年は仕事が忙しくなりそうで、どこまでできるかはわかりません。

が、



⑤子供の5年アルバム作成

先延ばし先延ばしでついに5年ものにまとめることにしました。笑

1冊は私が死ぬときに棺桶に一緒に入れてもらうくらいのつもりです。笑。

はたして完成するのか!?



東京オリンピック旅行

チケットはめちゃくちゃ申し込んだのに見事にほとんど外れて、二次募集であまり有名選手のいないスポーツの予選の1種目のみが当たりました。

でもこんな機会一生に一回あるかないか、そして子供の記憶にもうっすら残るはずの年齢なので、子供が大きくなったら小さい時東京オリンピックを家族で見に行ったんだよ!って言える思い出を作ってあげたい。



㉜庭に枕木敷きエリアを作りたい

雑草に追われる面積を少しでも減らしたいのです。3分の一くらいは手入れ不要な地面だとだいぶ楽なのだそうです。



㊴住宅ローン見直し

我が家の住宅ローンも7年目。金利も下がっているし、借り換えを検討してみます!



この4点が今年の大きなTODOです。ほかは時間があるときにできる事からやっていこうと思います。





なにより、子どももずいぶん会話が達者になり、適当に相槌打つくらいじゃすまなくなってきました。

そしてちゃんと話をしたらとても面白い。

心に余裕を持って相手を出来るよう家事や日々のことはなるべくルーティーン化することも今年の大きな目標です。


仕事も頑張りながら、今年も平和で充実した一年になりますように。



読んでいただいてありがとうございました。